fc2ブログ
home Concept & Shop Art Work & Gift Galleryk & Concert Blog
.
.

石丸正広  Masahiro ISHIMARU 

家具・空間コンセプト Furniture , Spatial CONCEPT  

1961年 佐世保市生まれ          
      80年代に舞台装置の仕事をしながら、独学で家具を作り始める。
1988年 木の家具と手織物のアトリエ < DIAN ダイアン> を石丸みどりと共に設立。
1991年 田崎真珠(株)に [木のクリスマスツリ-] を制作。 帝国ホテル・インペリアルタワー
1993年 [ORGANIC LIFE/有機生活] をテーマに初めての作品展。コンプレックス・ギャラリー(高円寺)
『オーガニック』 というキーワードを初めて社会に提唱。
1994年 ICC(NTT)プレオープニングのワークショップに什器製作。東京デザインセンター
1995年 [ORGANIC LIFE/有機生活] をテーマに作品展。 リビングデザイン・ギャラリー(新宿・OZONE)
1996年 [ORGANIC LIFE/有機生活] をテーマに作品展。 京急百貨店(横浜)    
CINEMA CITY 各フロアーに[光るベンチ・オブジェ]などを製作。(立川)
1988年 ホテルメリディアンのオープニングに於いて600本の竹で[巨大な竹のやぐら]を制作。
『トスカーニ写真展/BENETTON』 ホテルグランパシフィックメリディアン(お台場)
2001年 作品展。 ギャラリー広尾
2003年 [衣・飾・住] をテーマに作品展。  ギャラリーダイアン(伊豆)
      東儀秀樹ライブステージに [花のオブジェ] 制作。 サントリーホール
2004年 Intercoiffure World Congress TOKYO (ヘアメイク世界大会)において
[ジャパンナイト・とっておきのニッポンJAPANight] を企画・出展。     
ホテルグランパシフィックメリディアン(お台場)
2005年 [とっておきのニッポン2 JAPAN d'occasion 2] を企画・出展。 CINEMA TWO
[衣・飾・住] をテーマに作品展。 ギャラリーダイアン + わかった会館 (伊豆)
2006年 [ART de' WAKATTA] (JAPAN d'occasion3) を企画・出展。 わかった会館 (伊豆)
* Presentation with 黒田泰蔵, 羽良多平吉, 森脇裕之, 天利道子,岩橋庸一,石丸みどり
2007年 [独鈷茶屋]の空間コンセプト、プロデュース。  修繕寺・新井旅館
2008年 [ART de' WAKATTA 2] を企画・出展。 わかった会館 (伊豆)
      [わかったカフェ・ダイアン]オープン 伊豆市姫之湯

_0012228.jpg

_0012235.jpg

_0012258.jpg

_0012245.jpg

_0012260.jpg


スポンサーサイト




【編集】 2010年02月09日(火) |  Art Work & Gift
徳持 耕一郎 作品展 <鉄筋彫刻・銅版画>開催中!

こちらをご覧ください

【編集】 2010年02月06日(土) |  What's New
徳持 耕一郎 作品展 <鉄筋彫刻・銅版画>

Koichiro Tokumochi
Iron Sculptures/Etching


_0012250.jpg


浮世絵への興味から版画全般を学び、木版画を10年製作。’89年NYで個展の時、
毎晩ジャズクラブに通い、ジャズに魅了され、ナプキンにジャズメンをスケッチする。
その時、ジャズのスイングに合わせてペンを走らせ描く楽しさを発見。
以後今日までスケッチする。私の表現は「西洋の塊の彫刻に対して、
線でどこまで3次元的表現ができるか」ということ。
それが私なりの日本人としてのオリジナリティの追求である。

鉄は程良くしなり、硬い。1本の鉄線は太さと方向(ベクトル)を持ち、
明確な線として空間を走る。それが潔く、心地よい。
3次元的な曲げ方も立体的に見える一因であるが、
最も大きな要因は太さの異なる線の組合わせにある。
線同士がすでに遠近感をなしているのである。
「省略」が大きな特徴の1つ。そのことでそれぞれの線が自由で躍動感を持つ。
その線の末端はカットの仕方を工夫することで空間に溶け込む。
見る者線を補い、完結する。
今回の新作は、線の省略と末端の処理に最善の神経を使い造形したもの。
空間を走る生命力を持った線とそれらが奏でる音をお楽しみください。

_0012255.jpg


とくもち こういちろう
■プロフィール

1957 鳥取市生まれ(Jan.27)
1979 鳥取大学工学部機械工学科中退
1982 創形美術学校版画科卒業


■個展
1985 第1回和歌山版画ビエンナーレ展
(和歌山県立美術館)
1986 第8回フレヘン国際版画トリエンナーレ展
ブダペスト国際"Art of Today '86
1989 個展 (NYグリニッジ・ビレッジ Open House Gallery )
1993 「私の出逢った音楽達」展
     (鳥取県民文化会館)
   スイングジャーナルにイラスト連載 
1998 パナソニック・アートコンペティションin NY
(ジャズ・ギャラリー)
2000 作品展『ETERNAL』(東京・大崎ゲートシティホール)
   エディ・ゴメスのCDジャケットデザイン
2001 作品展「Figures」 (岡山県奈義町現代美術館)
2007 個展(大阪難波・高島屋)
2008 個展(大丸・東京店)

★その他、ジャズフェス関連アート展示、各地で個展を毎年開催


■グループ展
1996 「橋(BRIDGE)」5人展
     ( Bronx River Art Center & Gallery, NY.)
2004 「ジェレミー・スタイグ&徳持耕一郎アート2人展
(横浜・有隣堂書店本店ギャラリー)
2007 2人展(+民野宏之/大阪・画廊23)

☆2009年にはロサンジェルスフィルハーモニーの根拠地である、ウォルト・ディズニー・コンサートホールに作品が設置された。


【Read more・・・】


【編集】 2010年02月06日(土) |  Gallery & Concert



,