FC2ブログ
home Concept & Shop Art Work & Gift Galleryk & Concert Blog
.
.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【編集】 --年--月--日(--) |  スポンサー広告
KOICHIRO TOKUMOCHI EXHIBITION     徳持 耕一郎 作品展〈鉄筋彫刻・同版画〉

OPEN 9時~17時

会場:箱根・彫刻の森美術館内AOMギャラリー
TEL:0424-82-1141

浮世絵への興味から版画全般を学び、木版画を10
年製作。’89年NYで個展の時、毎晩ジャズクラブ
に通い、ジャズに魅了され、ナプキンにジャズメンを
スケッチする。その時、ジャズのスイングに合わせて
ペンを走らせ描く楽しさを発見。以後今日までスケッ
チする。私の表現は「西洋の塊の彫刻に対して、線で
どこまで3次元的表現ができるか」ということ。それ
が私なりの日本人としてのオリジナリティの追求である。

 鉄は程良くしなり、硬い。1本の鉄線は太さと方向
(ベクトル)を持ち、明確な線として空間を走る。そ
れが潔く、心地よい。3次元的な曲げ方も立体的に見
える一因であるが、最も大きな要因は太さの異なる線
の組合わせにある。線同士がすでに遠近感をなしてい
るのである。「省略」が大きな特徴の1つ。そのこと
でそれぞれの線が自由で躍動感を持つ。その線の末端
はカットの仕方を工夫することで空間に溶け込む。見
る者線を補い、完結する。
 今回の新作は、線の省略と末端の処理に最善の神経
を使い造形したもの。空間を走る生命力を持った線と
それらが奏でる音をお楽しみください。


とくもち こういちろう
■プロフィール

1957 鳥取市生まれ(Jan.27)
1979 鳥取大学工学部機械工学科中退
1982 創形美術学校版画科卒業


■個展
1985 第1回和歌山版画ビエンナーレ展
(和歌山県立美術館)
1986 第8回フレヘン国際版画トリエンナーレ展
ブダペスト国際"Art of Today '86
1989 個展 (NYグリニッジ・ビレッジ Open House Gallery )
1993 「私の出逢った音楽達」展
     (鳥取県民文化会館)
   スイングジャーナルにイラスト連載 
1998 パナソニック・アートコンペティションin NY
(ジャズ・ギャラリー)
2000 作品展『ETERNAL』(東京・大崎ゲートシティホール)
   エディ・ゴメスのCDジャケットデザイン
2001 作品展「Figures」 (岡山県奈義町現代美術館)
2007 個展(大阪難波・高島屋)
2008 個展(大丸・東京店)

★その他、ジャズフェス関連アート展示、各地で個展を毎年開催


■グループ展
1996 「橋(BRIDGE)」5人展
     ( Bronx River Art Center & Gallery, NY.)
2004 「ジェレミー・スタイグ&徳持耕一郎アート2人展
(横浜・有隣堂書店本店ギャラリー)
2007 2人展(+民野宏之/大阪・画廊23)

IMG_5227.jpg
IMG_5224.jpg
IMG_5216.jpg
IMG_5216.jpg
IMG_5213.jpg
スポンサーサイト

【編集】 2009年08月27日(木) |  Gallery & Concert



,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。